[Top] [管理用]

中学受験予想問題 〜 社会 Q1


papajuku.1.02

0問中0問正解 (正答率0.0%) 0分00秒経過



第1問 84人中56人正解 (正答率66.6%)

イランは1979年にアメリカに都合の良かった国王を革命で追い出してから、
アメリカとは仲が悪くなりました。核兵器の製造に関係する原子力を研究し始めると、
アメリカはイランに核開発を止めるように圧力をかけるようになり、イランから原油を
買わないように世界に呼びかけてきました。

そしてヨーロッパ連合(EU)もアメリカに同調し、原油を輸入しない経済制裁(禁輸)
を決めました。日本や韓国、中国など東アジアの国に対しても経済制裁への同調を求められま
したが中国は反対し、日本や韓国も消極的です。

グラフを読み取りながら 日本が禁輸になかなか踏み切れない理由を選べ。


  1. 各国でイランからの輸入を禁止すると、原油の価格が下がり、経済に悪影響を及ぼすから。
  2. イランからの原油の輸入量は全体の1割あるので、代わりの輸入国を探すことが困難。また原油の価格も高くなるため。
  3. 日本はイランの原油輸出量の半分を占めるため、日本が買わないとイランの経済が破綻してしまい、戦争が起こるから。
  4. 世界には沢山の核爆弾があり、イランが核兵器を開発しても、日本には無関係だから。
  5. 日本にはイランの人たちが多く住んでいるため、友好的でいたいから。