パパ塾コム

中学受験

受験は子供を最も成長させる良い機会。子どもたちは受験を通して学力だけでなく、精神的にも大きく成長する。
結果も大事だが、どれほど真剣に学習に向き合ったか、いかに集中できたかが最も大切なこと。仮に希望した学校に受からなくても、自ら進んで真剣に努力した結果ならば、それは親として「合格」を与えていい。逆にあまり集中できずに、言い換えればヤル気スイッチが入らないまま何となしに合格してしまった学校に通うことは不合格よりも、その子の将来にとって好ましい事とは言えない。

中学受験は高校受験とは違って落ちても義務教育の公立中学校という受け皿がある。妥協して安全圏の学校を選ぶことは子供のせっかくの成長の機会を無駄にすることになりかねない。

すなわち中学受験に滑り止めは不要であり、志望校は通いたい限界レベルの学校を選ぶべきで、もしダメなら機が熟していなかったと割り切るのが良い。
少しでも合格実績の欲しい塾に勧められるままに、受験に投じた費用を無駄にしたくないなどの親の損得感情で妥協してまで実力以下の学校を合格させることは子供のために決してならない。

不本意な学校でも合格してしまうと本人は通いたいだろうし、塾代も報われると思って通わせてしまうもの。そんなことにならないように最初からすべり止めは受験させないのが得策である。

元々中学受験は自主学習が身についた向学心ある一部の子が受けていた。それが現在は首都圏でクラスの半数近くの子供が受験する地域もあるほどの加熱ぶりである。

自主学習ができない遊びたい盛りの子供を机に縛り付けるのは骨が折れるもので、毎日ガミガミやった結果、親子関係が崩壊する家庭もある。高級車が買えるほどの大金を注ぎ込んでいるから親は必死だ。そんな親の必死さとは裏腹に受験という敷居の高い関門が間近に迫っている事の重大性を感じていないのか、他人事ようにヤル気スイッチが入らない我が子を見ていると親の怒りと焦りはメガマックス!そんな修羅場を経験してまで受験させる意義が本当にあるのか甚だ疑問ではある。

それでも覚悟して受験するなら、落ちたら公立!
それくらい割り切って親子で真剣に取り組めれば良い結果が付いてくるだろう。

 

中学受験予想問題

 

 

 

 


Copyright(c) パパ塾コムAll Rights Reserved